MENU

ZOOMの自動録画機能は主催者の許可が必要?手順や注意事項

最近、ZOOMはさまざまなシーンで利用されるようになりましたね。オンラインミーティングや授業、飲み会など、様々な場面で使われています。しかし、ZOOMの機能について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

たとえば、ZOOMには独自の自動録画機能があります。画面左上に表示される「レコーディングしています」という表示がそれです。これは、ミーティングのホストや授業の先生が録画していることを示しています。

私も以前、オンラインセミナーに参加した際に、この表示を見て驚いたことがあります。事前に録画の連絡を受けていなかったので、少し戸惑ってしまいました。

ただし、参加者が自分で録画録音することは原則として認められていません。基本的に、ZOOMの録画機能は主催者(ホスト)のみが操作できる権限です。ですから、参加者が勝手に録画録音を行うことはできません。

もし画面に「レコーディングしています」と表示されていれば、それは主催者が録画を行っている可能性が高いです。主催者は、録画録音を行う際には、事前もしくは会議の冒頭で「今から録画を行います」ということを全員に通知することが望ましいでしょう。

したがって、参加者(ゲスト)が自分で録画録音を行いたい場合は、主催者の許可を得る必要があります。主催者が了承すれば、参加者もZOOMの内容を録画することが可能になります。

実際に、私が参加したあるオンラインセミナーでは、主催者から事前に録画の許可を得ることができました。自分で録画できたおかげで、後からセミナーの内容を振り返ることができ、とても役立ちました。

主催者と参加者が円滑にコミュニケーションをとりながら、ZOOMの録画機能を活用することが重要です。

ZOOMの録画設定方法と注意点

ZOOMで会議を録画したい場合、ホストに事前に許可を求める必要があります。ホストが「全員自由に録音してもかまいません」の設定をしている場合は、参加者は録画ボタンを使うことができます。しかし、ホストが許可をしていない場合、録画ボタンは表示されません。

そんなときは、ZOOM内でホストに直接連絡し、許可をお願いする必要があります。私も以前、ホストに録画の許可を求めたことがあります。チャット機能を使って、「セミナーの内容を振り返るために録画させていただけませんか?」とメッセージを送ったところ、快く許可していただけました。

ホストは、参加者からの録画リクエストを受けたら、以下の手順で許可を与えることができます。

  1. 「参加者」をクリック
  2. 許可したい参加者にマウスカーソルを合わせる
  3. 表示された「詳細」をクリック
  4. 「レコーディングの許可」を選択

これにより、リクエストした参加者の画面にも録画ボタンが表示されます。録画をする際は、他の参加者にも一言断りを入れておくことが望ましいでしょう。

また、ZOOMではホスト側で「自動録画設定」を行うことも可能です。重要な会議の録画漏れを防ぐためや後で振り返りたい場合など、さまざまな用途で自動録画が役立ちます。

私もオンラインセミナーを主催する際には、自動録画設定を活用しています。参加者にも事前に録画する旨を伝えておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

自動録画設定は、以下の手順で行うことができます。

  1. ZOOMアイコンをクリックしてアプリを立ち上げる
  2. 「スケジュール」→「詳細オプション」を選択
  3. 「ミーティングを自動的にレコーディングする」にチェックを入れる
  4. 「スケジュール」を保存する

自動録画の設定を解除したい場合も、同様の手順で設定を変更することができます。事前に参加者にも録画設定を伝えることで、スムーズな会議運営が可能となります。

ZOOM会議での録画設定の注意事項と手順

ZOOMの会議で自動的にレコーディングする設定を解除する方法についてご説明します。ZOOMの設定画面から、詳細オプションに移動し、「ミーティングを自動的にレコーディングする」のチェックを外してください。これにより、手動でレコーディングするまで自動録画が行われない設定に戻ります。

また、有料版のZOOMを利用している場合は、デフォルトで「自動レコーディング」が有効になっています。有料版を使用している場合でも、自動録画を無効化するためには、以下の手順をお願いします。

まずは、ZOOMの公式サイトにサインインし、サイドバーの「設定」→「記録」の順に進んでください。画面をスクロールして、「自動記録」の設定をオフに変更します。さらに、「スケジュール」での自動録画設定も忘れずに外しておく必要があるので、ご注意ください。

私も以前、有料版のZOOMを使用していた際に、自動録画の設定を変更し忘れたことがありました。気づいたときには、すでに何度か会議が録画されていて、参加者に事後報告することになってしまいました。設定の確認は、とても重要だと実感しました。

ZOOM会議の主催者であっても、参加者全員にレコーディングする旨をきちんと伝えることが礼儀とされています。無断で録画するのは好ましくない行為です。

以前、私が参加したオンラインセミナーでは、主催者が録画について一切触れずに会議を進行していました。後から録画されていたことを知り、不快な気持ちになった参加者もいたそうです。主催者は、録画の有無について明確に伝えることが大切ですね。

目次

まとめ

ZOOMの録画設定について説明しましたが、参加者は自ら録画を行うことはできません。必ずホストに録画の許可を得るようにしましょう。ホストには録画の権限が与えられていますが、録音や録画を行う場合は、参加者にその旨を明確に伝えることが重要です。

私自身、ZOOMを使う機会が増えたことで、録画設定の重要性を実感しています。主催者としては、参加者に録画の有無を伝え、許可を得ることを心がけています。また、参加者としては、録画したい場合はホストに連絡を取るようにしています。

ZOOMの録画機能は、便利な反面、使い方を誤ると問題が生じる可能性もあります。主催者と参加者が、お互いの立場を理解し、コミュニケーションを取りながら活用していくことが大切だと感じています。

皆さんも、ZOOMを使う際は録画設定に注意し、より良いオンラインコミュニケーションを心がけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次