MENU

メンションや機能ってわかりづらい!はやる理由とは

最近、TikTokやSNSでよく見かける、「インスタのメンション○番目に出てくる人、あなたのことが気になってるかも…」や、「インスタのメンション○番目の人との思い出おしえて~」といったコメントや質問が話題になっていますよね。しかし、実際にそれを試してみると、思うようにメンションができないという問題が発生しているようです。

ネット上では、@を押す、空白を入れる、フォロワーの数が関係するなど、様々な対処法が紹介されていますが、どれもうまく機能しないとの声が多いですね。実際、インスタのメンションは「@以降に文字を入力する」という仕組みで、ユーザー名が表示されるはずです。例えば、@の後に「m」や「ゆ」といった文字を入力することで、ユーザー名が現れるはずです。

目次

TikTokのメンション

しかし、TikTokでは単に「インスタのメンション○番目」と指定されるだけで、具体的に何か文字を入れる必要がないため、ここで混乱が生じます。TikTokでは、@を押すだけでユーザー名が表示されるのに対し、インスタでは同じ操作でも名前が表示されないことがあるようです。

例えば、筆者もiPhoneを使用していますが、インスタでは@を押してもユーザー名が表示されませんでした。一方、Androidを使っている友人の場合は、@を押すだけでユーザー名が表示されたそうです。つまり、機種によって挙動が異なる可能性があるのかもしれません。

したがって、本来であればTikTokの投稿者は、「インスタのメンションでmを入れた時に出てくる○番目の人は、あなたのことが気になってるかも~」のように、具体的な文字を指定してあげることが望ましいですが、実際にはそうした配慮はされていないようです。では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?この理由を知っていると、きっと笑ってしまうことでしょう。

TikTokで「インスタ何番目/インスタ最初の投稿(DM)」が流行る理由

TikTokで「インスタ何番目/インスタ最初の投稿(DM)」が流行る理由について詳しく説明します

現在、TikTok上で「インスタのメンション○番目の人はあなたと両思いかも~」や「インスタで最初の投稿(DM)おしえて~」といったコメントや質問がよく見られるのは、主にTikTokerたちの利益による状況からきています。なぜなら、TikTokで動画をバズらせるためには、Instagramの存在が必須であるためです。TikTokでバズりたいと思う理由は人それぞれですが、動画がバズれば自身の注目度が高まり、有名になったり影響力を増すことができ、一部の個人や企業にとっては収益を伸ばす手段にもなります。

TikTokで動画をバズらせるためには、TikTokの「おすすめ」に掲載されることが効果的です。おすすめに掲載されると、多くの視聴者に動画を見てもらえる可能性が高まり、再生回数やフォロワー数が増え、多くのユーザーから注目を集めることができるのです。そのため、TikTokerたちは自身の動画をバズらせたいと考えており、そのためにはおすすめに掲載される必要があります。おすすめに掲載されるためには、動画の評価を高めるための対策が不可欠であり、これを「TikTokのアルゴリズム対策」と呼びます。

つまり、TikTokのアルゴリズム対策において、「インスタのメンション○番目」や「インスタで最初の投稿(DM)」といった要素が関係してくるのです。この一連の流れは、一見すると理解し難いかもしれませんが、次の解説で明確にしていきます。

TikTokでのシェア数が重要な理由

TikTokで人気を獲得するためには、視聴時間やいいね・コメント数などの反応が重要ですが、実は『シェア数』も非常に重要な要素となっています。つまり、TikTokでの投稿が他のSNSプラットフォームで多くシェアされると、その動画はTikTokのおすすめ動画に上がりやすくなるのです。

しかし、他のSNSで自分の動画をシェアしてもらうのは簡単なことではありません。そのため、ティックトッカーたちは、シェアを直接お願いするのではなく、自然な形で他のSNSに拡散させる方法を模索しています。これが、「インスタのメンション○番目」とか「インスタのストーリーで左から何番目」といった戦略の背景にあたります。

TikTokのシェア機能を使ったインスタへのアプローチ方法

TikTokをご覧中に、「インスタのストーリーで左から何番目の…」や「インスタで最初のDMを知ってる方いませんか?」などのコメントを目にした際、通常はインスタグラムにアクセスしたくなりますよね。しかし、実際にTikTokを終了してインスタのアプリを起動するのではなく、TikTokの「共有」機能を利用して、スムーズにインスタに移動することができる方法があります。TikTokの共有ボタンを押すと、その瞬間にシェア数が1とカウントされるのです。これにより、TikTokクリエイターの目的である「シェア数を増やしたい」という願いがかなうのです。


あなたが気になるのは、「インスタのメンション何番目の人なのか?」でしょう。しかし、TikTokのクリエイターにとっては、それはさほど重要ではありません。なぜなら、あなたが共有ボタンを押した瞬間に、クリエイターの目的は達成されるからです。このような仕組みを理解すると、TikTokからインスタにアプローチする際の裏側が見えてきます。


例えば、「インスタのメンション何番目に出てくる人が気になってる…」というコメントは、当たる確率は低いかもしれませんが、SNSの仕組みや戦略を知って楽しむには面白い要素があると言えるでしょう。ティックトッカーたちが巧妙な誘導方法を取り入れ、視聴者を自然にシェアさせるテクニックは、一種の芸術とも言えるでしょう。

TikTokトレンド「インスタメンション○番目」の本当の理由とは?

TikTokの「インスタメンション○番目」のトレンドは、実はTikTok動画を注目させてバズさせるための巧妙な戦略なのです。TikTokのアルゴリズムでは、動画のシェア数が非常に重要であり、他のソーシャルメディアでの拡散が効果的です。しかし、他のユーザーにシェアをお願いするのは簡単なことではありません。

そこで、TikTokクリエイターたちは、自分たちの動画を知らず知らずのうちに他のユーザーにシェアさせる方法を考えました。その結果生まれたのが、「インスタメンション○番目」の手法なのです。この手法では、TikTokの共有機能を駆使して他のプラットフォームに瞬時にリンクし、自然な方法で他のユーザーにシェアさせることで、シェア数を増やすことができるのです。この賢い戦略の成功により、TikTok内で「インスタメンション○番目」が広まったのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次